2008年9月26日金曜日

表題のように法案成立が現実的になってきたということから、市場は素直に反応しています。

ドルが買われ、株が買われ、原油が買われ、金が売られ、債券が売られ(利回りは上昇)・・・

ダウ指数は、前日比+196ドルの11022ドルの引け
原油は、+2.29ドルの108.02ドル
金は、マイナス13ドルの882.00ドル
10年債利回りは、+0.053%の3.864%でした。

法案の成立でとりあえず一段落、落ち着くとの見方が大勢を占めたようです。

とはいっても、実効性の問題など課題も多く、市場はそれほど楽観視していません。
今夜の「本音で・・」の中でもこの点について話す予定です。皆さんの忌憚の無い意見もお寄せください。

三菱によるモーガンスタンレーへの2000億円規模の出資、野村によるリーマン・アジアと欧州などの買収が報道されていますが、この取引がすべて為替でドル調達される可能性が強いそうです。
8月の貿易収支の赤字と併せて考えると、短期的な需給バランスが変ってくると考えるのが自然です。
つまり、ドル買いが強まる可能性です。前者の場合は短期的なものですが、後者の場合は傾向として定着する可能性があります。このあたりも注意したいと考えています。

明日は、福岡でセミナーがあります。内容としては、最近の動きと今後の行方が主です。参加される方には、積極的なご意見、ご質問を期待してます。お会いできることを楽しみにしております。

昨日から少し円売り、株買いを基本にして取引を進めています。先週までは反発したところを売る方向でしたが、昨日からは売られたところを買う方向で考えています。

さあ、今週もあと1日、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社