2008年9月16日火曜日

金曜日は楽観論が支配する形でNYは引けました。

結果、リーマンへの買い手が付かず、しかもポールソン長官が「納税者への負担をかけるような政府支援は考えていない」との発言も伝わり、リーマンブラザーズの破綻が決定的となりました。向こうは日曜日でしたが、すでにアジア市場は月曜日の朝に成っていたので、オープニングと共にドルは売られました。

最初は全面的なドル売りでした。ドル/円だけでなくユーロ/ドルも1.44台まで買われ(ドルは売られた)ました。欧州勢の参入後からはクロス円の売りになりました。
一部で介入警戒も出始めたことが背景かもしれません。ダウ指数先物が売られていましたので、リスク許容度の低下からのクロス円の売りともいえます。

中国が利下げに動いたようです(まだ原文を見ていませんが)。今週は米国を始めとして欧州なども利下げに動く可能性が出てきたようです。事態は深刻です。

今回のリーマンの破綻、保険会社大手のAIGの資金不足、メリルもバンクオブアメリカに買収されるそうです。金融混乱は第二幕に入ったようです。
原油価格の100ドル割れも利下げする環境を後押ししています。

朝からクロス円がもう一段売られています。介入警戒もあるようですが、まだそのタイミングではないと考えています。今日の日経平均株価の動向も気になります。
当局の動向も気になりますが、依然としてヒット・アンド・ランの戦略ですので、あくまでも反発局面でのヒットを狙います。
まだまだ乱高下は続きます。気を引き締めていきましょう。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社