2008年9月12日金曜日

米貿易収支の赤字が予想より多かったことから、ドル/円が売られクロス円が売られる展開になりました。
ドル/円は、安値106.05まで、ユーロ/円が147.55近辺まで付けました。
ダウ指数も安値11098ドルまで売られました。

そこから大きく反発しています。
リーマンブラザーズ買収の話が出たようです。今回はバンク・オブ・アメリカが検討しているという話になっています。この話もあって、大きく反転し、結局前日比+164ドルの11433ドルで引けました。

RSI(相対指数)なども売られ過ぎの水準である30を割り込んできましたので、市場は警戒感をもってきました。神経質です。そのために今回のような大きな揺り戻しが出てくると考えます。

原油は、マイナス1.71ドルの100.87ドル
金は、マイナス17.00ドルの745.50ドル
10年債利回りは、+0.013%の3.642%でした。

先ほどのRSIではないですが、警戒水域に入ったことから乱高下が予想されます。ただ、少なくとも9月末までは、もう一段の安値をつける可能性があると考えます。
ずっと待っていた方たちもいるので、そろそろ買い場と考えてもいいのですが、私としては9月末までは待ちたいと思ってます。
今回の「ドル買い円買い(ドル高円高)」はあくまでも後ろ向きのドル買い円買いですので、投資資金の引き上げが峠を越せばピークを打ちます。市場が再び米国経済に目が向けば、また違った流れが来ると考えています。
昨日のディーラーの集まりでのトピックスは後ほどブログでお伝えします。相変わらず暗い話が多かったです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社