2008年9月11日木曜日

注目されたリーマンブラザーズの決算発表でしたが、損失額が予想より多く一時的にダウ指数は売られました。資本に関しては具体的な話はなく、今後の戦略的な再建策に時間を割いたようです。
第3四半期決算は、1株あたり損失5.92ドルと予想の3.45ドルを上回りました。
リーマンを巡る話は今後も度々出てくることでしょう。

ダウ指数は、始まった後に安値11215ドルを付けましたが、その後反発して高値11380ドル、引けは前日比+38ドルの11268ドルでした。
原油は、マイナス0.68ドルの102.58ドルの引け
金は、マイナス29.50ドルの762.50ドル、800ドルを再度割り込んでのストップがでたようです。
10年債利回りは、+0.063%の3.63%でした。

米住宅ローン申請指数は、9.5%と前週の7.5%を上回りました。

ドル/円は、リーマンの発表後に106.60近辺まで売られましたが、その後反発して107円台後半まで。
ユーロ/ドルは、NYの引け間際から売られて1.40を割り込んできています。昨日お伝えした1.40台の買いオーダーは全て付けたようです。
全体にドルが買われており、クロス円は安値近辺で膠着しています。
朝6時にニュージーランドが金利を0.5%下げて7.5%にすることを発表しました。予想が0.25%でしたので少し驚きました。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社