2008年9月19日金曜日

朝方お伝えした、米国政府による金融機関救済のための金融危機対策を立法化するために、ポールソン長官、バーナンキ議長が議会側と話し合っている状態です。
ポールソン、バーナンキ両氏は、この問題を具体化すべく週末を使って作業するとも話しているようです。
ひょっとすると又しても、日曜日に何か出てくるのかもしれません。
この辺りは先週末と似ています。(結果はどうでしょうか?)

とりあえず、なんらかの法制化で議会側と折り合いがつけばいいのですが、どうでしょうか。
住宅関連の不良債権をバランスシートから除くという話も伝わっています。
乱暴な話ですが、それほど切羽詰っている状態なのでしょう。
どのようなものにせよ根本的な問題がこれで改善するとは思えないのですが・・・
最終的には公的資金により資本増強することで処理する方法しかないのではないでしょうか。

納税者も納得する方向で決着するかどうか、ここがポイントです。

市場はこの動きを歓迎し、ドル/円の買い、クロス円の買いで動いています。このあたりも先週末と同じでリーマン買収が週末に決着することを前提に動いていました。
従って、リスクは週末に発表がなく、まとまるまで時間が掛かる時でしょうか。

市場は、CDSなどの取引が正常に戻ることを期待しています。しかし現実にはリーマンの清算などもからみ時間が掛かるのではないでしょうか。
問題はどのていどの時間のギャップかになります。

まだまだ予断は許しません。気を引き締めていきましょう!
そろそろお昼です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社