2008年8月13日水曜日

米国の貿易収支(6月)は、568億ドルの赤字と予想(619億ドルの赤字)より良かったのですが、現在の市場の焦点はまったく違うところにあり、殆ど影響なしでした。

グルジア停戦の発表も瞬間、ドル買いに反応しましたが(ユーロ/ドルは1.4859まで下げる)、その後はクロス円の売りが主導する形になりました。

原油は前日比マイナス1.44ドルの113.01ドルの引け
金は、マイナス13.70ドルの814.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.095%の3.895%でした。
ダウ指数は、マイナス139ドルの11,642ドルの引けとなり、原油価格の下落には反応しませんでした。

市場は、まだ調整の渦中にあるというのが印象でした。

夏休みという環境もあり、市場参加者が少なくなってきているのも調整に拍車をかけているようです。
8月は米国債の償還や利払いが集中する月で、15日は特に集中します。円買いが起こる可能性があります。
昨日の水準と比べると、ドル/円は1円近く円高方向に動いています。押し目狙いには絶好の買い場です。しかし、こうやって下げてくるとストップも出てきます。109.10と108.70に若干のストップがあるそうですが、金額は大きくありません。
ユーロ/ドルも1.4830~60の間にそこそこの買いがありますが、そこを抜けると昨日からある大口のストップが1.4810前後にあります。これらの情報は欧州系銀行1行のもので、時間の経過と共に変化することはご承知置きください。
今日も「ヒット・アンド・ラン」でやります。ドル/円の押し目買いが主体です。クロス円の売りも出ていますが、構いません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社