2008年6月19日木曜日

Fifth Third Bank は、和訳すると、第五第三銀行とでもなるのでしょうか。
これがいったい何なの?との質問が当然あるとおもいますので以下に。

昨夜はこれといった経済指標の発表もなかったのですが、ダウ指数は前日比マイナス130ドルと米株式が下げております。

ニュースとしては、AMBAC(モノライン大手金融会社)が格付け会社フィッチに対し同社を格付け対象から外すように要請したというものでした。AMBACは、サブプライムに絡んで保証業務をしていたモノライン大手です(懐かしい名前です)。これはネガティブでした。
さらにタイトルにある「Fifth Third Bank」の減配と格下げのニュースでした。
これらのことからダウは下げ足を強めたとコメントされています。

この銀行は地銀でもありそれほどの規模でもありませんので、本来ならばこのようなニュース扱いになるとは思えません。つまり、それほど現在の市場は神経質になっていることの証左であり、重箱の隅をつついても、という雰囲気なのでしょう!?

ダウ指数は、前日比マイナス131ドルの12029ドル
原油は、+2.67ドルの136.68ドル
金は、+6.60ドルの136.68
10年債は、マイナス0.07%の4.14%でした。

米株式は、ズルズルと下げており、原油価格は高値圏での推移となっております。
嵐の前の静けさとなっているのが、為替市場でしょうか。

もう一段のドル安局面も十分考えられるところですが、当局の行動も考えられ思い切った行動に出られない、といったところです。

このあたりのことを「スペシャル・レポート」にしますので、会員の方(口座開設者)には近日中に配布されることになると思います。期待してください。

さて、ポジションは変わりません。
今日も頑張っていきましょう!!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社