2008年6月26日木曜日

欧州勢参入とともにユーロ/円が最高値更新、その後調整で若干下げています。
ドル/円も108円台前半と、このところの動き(アジア時間、欧州時間、Ny時間)が判で押したようにコピー相場が続いています。

ポンド/円の小さいポジションを213円前半で手仕舞いました。負けです。
あとはドル/円のポジションですが、これも108.50を抜けてくると切るつもりです。
相場とは、こういったものなのでしょう。ああだ、こうだと言っても勝たなくてはいけません。
今回(5月、6月)は、シナリオに拘泥しすぎたのでしょうか。
まだまだこのシナリオを捨てるつもりはありませんが、なにしろ市場が反対に動くのでは話になりません。このブログを覗いてくれる方々には、反面教師としての役割しか演じられませんでした。(少なくともここまでは)
この相場はある意味「ヒット・アンド・ラン」戦法が有効なのでしょう。私のように長く引っ張るやり方は円を売らない限り通用しないようです。何やら1年前に戻ったようです。
当時と比べてみると「円安」の意味が大きく異なってきています。
当時は「良い円安」だったといえますが、現在は「悪い円安」と考えます。
これからの円安は国民生活に「物価高」として跳ね返ってくるでしょう。

ぐだぐだ言わずに今晩もじっくりと観る事にしましょう。
それではまた明日!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社