2008年6月26日木曜日

朝方、ドル/円は107.80あたりにいたのですが、ジリジリと買われて108.05前後にいます。
その他の通貨は小動きですので、クロス円もジリジリと上げています。

ユーロ/円は、NYの高値(169.16)を越えて169.25近辺を付けています。
最高値更新です、といっても過熱感もなく当然の如く上げてきています。
警戒感はあるのでしょうが、ここまでの過程で売り方も様子見を強いらているようです。
この調子で上げていけば200円もありそうですが、どうでしょうか。

ドルは安し、されど円はもっと安し。
ドル/円の動きが制限されている(全体にドル安基調)いるので、あまり気にならない方が多いのでしょうが、ユーロ/円が市場最高値を更新している現状はやはり異様です。
米国のイベント(FOMC)も終り、来週はいよいよECBの利上げに注目が集まります。
欧米の当局の動き(発言?)に目がいきます。
ドル安が継続している現状は、バーナンキ議長とポールソン長官にはどのように映っているのでしょうか、興味が尽きません。
米国株安、原油高、ドル安と負の連鎖をどのように断ち切るのでしょうか。あるいはまだまだ様子見なのでしょうか。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社