2008年4月24日木曜日

去年以来の登場となった宇野さんの番組を観ました。
彼がメディアに登場しだした時以来の注目する方ですし、個人的には大ファン(信奉者)です。

彼の鋭いところは、数字の羅列でなく大きな変動の中で(景気などの経済活動全体)どのようなことが為替などにレートとして表れてくるかを指摘することです。
単月などの変化は時として惑わされますが、大きな波(長いものは60年、短くても10年)の中でのちょっとしたデコボコにすぎません。
今回の話の中では、去年から先月までの「米国の一人負け」から今後の「米国以外の国への伝播による平準化」そして「最終的な逆転化」という指摘は納得のできるところです。
こちらはディーラーですので、日々の動きに惑わされることも多く、なかなか思うようにいきません。それでも彼の話のような大きな波の中での変化を嗅ぎ取ろうと日夜、市場と付き合っているわけです。

多少、時間的な流れが異なりますが(ユーロに関しては11月ごろから下落とみているようです)、全体の動きは一致しています。ファンの一人として喜びに耐えません。現在のユーロ・ショートのポジションも彼の説明と同じ理由でもっていることになります。もう一段の上昇があるかもしれませんが(彼は高値を対ドルで1.62としている)、辛抱しましょう。

皆様も是非、一度「宇野大介」を覗いて見てください。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社