2008年4月25日金曜日

米国の先行きの金利動向に対する市場の期待が変わったことから、ドルが強い展開と株式が強い展開になっています。

これまでもブログで述べてきましたが、3/17がセリング・クライマックス(つまり底を打った)との立場から考えてきましたので、このような展開は驚くには当たらないのですが。
市場の動きのちょっと先を行っている(と自負しています)ので、この動きに付いていきたいとは考えません。
私が待っているのは、欧州経済の減速であり金融機関の損失拡大なのです。
IFOの数字が弱かったことは嚆矢と捉えるべきなのでしょう。しかし昨夜の市場はむしろ米ドルに向いています。この辺りが非常に気に入りません。
しかもドル/円が104円台で居座っているのですから、これも輸出などの売りがもっと出るものとの思惑が外れています。
こういう時は布団を被っているしかないのでしょうか。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社