2008年4月18日金曜日

昨日の会合でも(前のブログ参照)話に出ていましたが、ユーロに対する意見は概ね「限界点に近づいてきた」ことで一致していました。しかし大方はもう少し時間がかかるだろう、といったところでした。
つまり、私一人が「ユーロのショート」の状況といえます。

昨日の欧州時間にソロス氏が「ユーロはドルに替わることはできない」と発言していました。どこで話しているかは分かりませんでしたが、タイミング的にはユンケル議長の前でした。

感覚的にはユーロよりもむしろ人民元の方が可能性が高いのではと思ってます。
人口が13億人と頭抜けているのはもちろん、この人口が背景となって米国のGDPを将来的には抜いてしまうのでしょう。このような状況になってくると人民元の存在が無視できないものになり、現在のユーロ以上に強い通貨になってくる可能性があります。

また、人民元を中核にしたアジア通貨の創造も現実的になってくるのでしょう。その時円は一アジア通貨の位置づけなのでしょうか。大分前に円を中心にしたアジア通貨構想もありましたが、結局、実現できませんでした。当時の日本は米国しか視野になく、今となっては残念な結果でした。
もし円が中心になったアジア通貨が誕生していれば、日本の経済だけでなく金融の分野でも大いに恩恵を受けたことが創造できます。企業にとっても大きな助けになったことでしょう。

昨日はポンドが強くなったので、ユーロ/ポンドも0.8050近辺から0.7990辺りまでユーロが下落しました。そこかしこでユーロ高の軋みが聞こえてくるのは、私だけなのでしょうか。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社