2008年4月30日水曜日

東京市場は、月末とゴト日が重なりそれなりの決済水準が高かった(外貨買いが多いこと)と思われます。仲値そして昼頃に大きく買われましたが104.20近辺まででした。
その後ダレて103円台後半での動きなっています。
クロス円も全体では頭が重い展開です。

日経平均は、朝方こそ売られましたがそこから反発して13976円と14000手前まで上げました。これもその後ダレて引け値は13849円の前日比マイナス44円でした。これも14000は未だ高い水準と考えています。

ユーロ/ドル、ユーロ/円ともにこの1週間でだいぶ下げました。しかし、個人的にはまだ始まったばかりと考えています。欧州の景気減速はこれからです。

ドル/円の買い手は、例の米国企業買収のニュースが出た薬品会社かもしれません。あるいは輸出企業の売りが頭を押さえつつも下値を追っかける展開になっていないためかもしれません。それでも5月末までには決断を下す(3~6ヶ月先の予約を入れる)場面が来ると考えています。
社内レートは100~105の間と思われます。できればそれ以上で予約を入れたいのは、人情的には理解できます。そのために105円が壁のように立ちはだかっているのでしょう。

まだまだ乱高下が続くのでしょうが、現在のポジションは継続します。どこまで我慢できるか分かりませんが。
ユーロ/円のショートになっていますが、場合によっては片方を外す場面もありそうです。
今のところポジションは変化ありません。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社