2008年4月17日木曜日

日経平均は、ほぼ高値圏で前場を終えました。
前日比+306の13452でした。

ドル/円は、102円を目前にして揉み合っています。
ユーロ/ドルは、1.59前半でこれも揉み合い。
ユーロ/円は、162円台前半。

G7のインパクトは、14日のアジア時間で終わったようです。
昨日のCPIの高さから先行きの利下げ期待も消えました。
こうなると市場のユーロ・ショートは一掃された感があります。

銀行などのオーダー状況を探って見ますと、1.60近辺にこれといった大口の注文は見えません。これはストップも同様です。1.60といっても心理的な影響があるだけなのですが・・

「山高ければ、谷深し」
私としては、ユーロが危険水域に入ってきたと考えていますので、これ以上の上昇が逆に落ちる速度を高めると思っています。ドンドン上がれ!(半ばやけっぱちですが?!)
昨夜のように米国株式の大幅な上昇が、ユーロの更なる上昇に結びつくなら(論理的では有りません。あくまでも結果としての話)欧米各国の危機感も薄らぐことになります。

ポジションは変わりません。
今日はディーラーの集まりがあります。明日にでもまた興味を引く話はお伝えします。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社