2008年3月19日水曜日

声明文でも、今後の状況によっては「迅速に対処する」ことから、一段の緩和体制にあることが確認。発表まで買われていた米国株式も、引けにかけて一段の上昇、高値引けでした。

ドル/円は、100円台に戻しました。クロス円も株高を受けて大きく戻しています。

さて、このブログを見ていただいている皆さんはどうでしたか?
いいところで拾いましたか?

とりあえず、一旦は底を見たと考えています。セリング・クライマックスは終わりました。

では、ここからどんどん上がっていくのでしょうか?
戻り待ちの輸出などもいるので簡単には行かないでしょう。特に105円は大きな壁です。ここを越えると逆に大きなストップありそうですが。
市場と言うのは、いつも理不尽です。評論家は後だしジャンケンですから、取ってつけたような理由を述べます。しかし、市場がいつも理屈どおりにいかないことは、一度でも取引をされた方ならよくご存知のはずです。それでも、評論家は理路整然と述べるのです(ご苦労様です)。
市場は、需要と供給の差で動くだけです。そこに不安、期待、といった人間の感情が入るために増幅されることになります。
今回の4日間の往復、10円相場は、まさに日本の期末要因、長年介入によって守られてきた100円の幻想、等々が重なった(もちろん、根っ子には世界的な信用収縮があります)ことから起きたことです。
一度、恐怖を味わうと、なかなか悪夢から抜け出すことは難しくなります。休むも相場です。相場はマダマダ続くのです。いつでも参加できますので、一息いれてください。
私のブログも続きますので、共鳴できる時がくれば一緒に乗り出せばいいのです。
チャンスはいくらでもありますが、自分のバイオリズムに共鳴できる時にやるようにこころがけましょう。自分のペースでやらなければ勝てません。負ける時は、いつのまにか市場のペース(相手のペース)に陥っているものです。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社