2008年3月18日火曜日

欧米時間の動きは、落ち着いていました。

アジア時間中にある程度の消化が済んだからでしょうか。

先週の金曜日と昨日は、アジア時間中から相場が大きく動きました。これには東京勢の関わりが大きいと考えています。期末を前に円を買わなければならない人達が、大挙して出たということでしょう。
もちろん、ドルの反発局面ではまだまだ売り遅れた人達が待っていることは想像できます。しかし、「セリング・クライマックス」は、とりあえず終わったと考えています。

今後も米国発のニュースで市場が動揺する場面があるでしょう。今日の日経新聞にあったように、市場の多くが90円の円高を見るようになると、はたしてどうなのでしょう。
今日から4/11のG7までに、ある程度の落ち着きどころを探ることになると考えます。

昨日も書きましたが、中・長期で外貨投資を考えている人達は絶好の買い場に入ってきたと考えます。これまで半年以上にわたり、「100円のリスク」を唱えてきた私としては、ここから慎重に外貨投資をすることも、また私の責任と考えます。
どの通貨を選ぶのかは、じっくりと考えてください。米ドルも一つの選択であることはもちろんですが。

まだまだ不安定な相場が続きます。
頑張っていきましょう!!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社