2008年3月17日月曜日

先週末のNY市場は、ベア・スターンズへの緊急融資の話が全てでした。前からうわさになっていたものが現実化したように見えます。しかし、報道などを読むとベア・スターンズでは市場の流言飛語によって引き起こされたものだと(うわさがうわさを呼び、資金流出になった)発言していました。

どこかで見たような話です。
そうです、山一や北拓銀行などの時も同じような話でした。

FRBが緊急の利下げ(0.25%)を発表しました。
向こうは日曜日ですので、まさに緊急です。
アジア時間の早朝にドル安が進んだことから(と思われる)、この利下げに結びついたのでしょう。
FRBは同時に「JPモーガン・チェイスがベア・スターズを買収する」と発表しました。

二つのことが考えられます。
1. アジア時間の始まる時に合わせてFRBは発表するべく日曜日にかかわらず準備をした。
2. 事はそれほど深刻になっているともいえます。

その発表を受けてドルは反発しました。ダウ指数先物も買われました。
しかし、まだ市場は疑心暗鬼のようです。特にアジアは材料の消化には時間がかかります。

為替について考えられることは、「これ以上のドル安が他市場にネガティブな影響」と判断すれば、介入という選択肢もでてきます。
ヒット・アンド・ランでいってください。
余裕のある投資家には「買いを始める段階に来た」とアドバイスします。慎重に進めてください。決してレバレッジを高くしたりせずに、慎重にいきましょう。

さあ、市場が騒然としてきました。あくまでも冷静に、そして頑張りましょう!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社