2008年3月7日金曜日

欧州勢の参入と同時に、ユーロ/ドル、ポンド/ドルが買われました。
ユーロ/ドルが高値、1.5433、ポンド/ドルが2.0148までありました。
ドル/円は、多少遅れて売られました、安値102.33まで。

米系投資銀行が1社ユーロ/ドルの買いで目立ったようです。

昨日は中東やチャイナの名前が出ていましたが、今日は未だ聞いていません。

オーダー状況は、102.00に買いオーダーがある他は聞いていません。日本の銀行がどの程度持っているかどうか。

東京時間のドル/円の高値は、102.92あたりでした。
昨日もそうでしたが、ドル/円の動きは緩慢です。ユーロやポンドが市場をリードしていました。
アジア時間のダウ指数は、昨日に比べて狭いレンジの動きでした。

日銀は金利据え置きを発表しましたが、注目度ゼロ。この後、福井総裁の最後(?)の記者会見があります。日銀関係では、むしろ自民党が武藤日銀総裁を提示した事のほうがニュースになっています。

今夜は、米雇用統計です。しかも新月(意味不明?)ということで要注意日です。
あと2.5円で100円ですが、ここからの2.5円は近くて遠いのか、遠くて近いのか、正念場です。
万が一(個人的にはもっと高い確率と考えますが)、100円を割り込むと新たな物語が始まるのでしょう。
ユーロ/ドルも1.55という大きな節目を試すのでしょうか?
ドル安は続いていますが、クロス円でみるとマダマダ円は安いと言えます。
難しいところです。

ポジションはドル/円ショート(目一杯と比べると4割)です。ストップは103.50におきました。ストップが付いたらまた考えます。目標は100円割れです(???!!)

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社