2008年3月26日水曜日

ドル/円は。100円を挟んだ取引、というより100円が重いともいえます。

日経平均は、配当の権利落ちから(推定で)105円程度、昨日の終値より下がった水準が理論上の値段になるそうです(日経新聞より)。同新聞のコラムによると今日の終値が理論値(昨日の終値マイナス105円)より上か下かで来年度の趨勢が決まる傾向にあるとも述べています(19面コラム「まちかど」より)。

年度末まであと3日です。
月末に近づくと投信の設定が増えます。先月までは盛り上がりに欠けましたが、今月はどうでしょうか。依然として個人投資家の動向がネガティブならば、ジリジリとドル/円は下がるかもしれません。
個人投資家の動向は気になります。
同じように機関投資家も、新年度入りから動きが出てきます。大枠が決まるのは4月末以降でしょうか。

年度末や年度初めは、特殊な取引が出てきますので、突発的な動きもあります。こればかりは予想外ですので、慎重にいきましょう。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社