2008年2月28日木曜日

東京時間は、いつものように小動きでした。

この1時間ほど前からクロス円の売りが出ているように見えます。
特に、豪ドル/円とユーロ/円でしょうか。

原因として強いて上げれば、ダウ指数先物がジリジリと下げています。
下げたと言っても、前日比マイナス40ほどですが。

豪ドル/円は、100円を割りこみました。ユーロ/円は、160の半ばです。
この傾向は、今週に入ってからのものです。特別な売り手がいるとも思えませんが、結果的にみると東京市場での特徴的な動きになっています。

ドル/円は、106.30前後を行ったり来たりしています。

今年に入り、ドル/円は110円台を頭にして、下は104.95までありました。
今日のレベルである106円前半も何度か経験しています。昨夜も105.95がNY市場でありました。
記録を見てみると、ドル/円がNY市場の終値で106円を割り込んだことが一度だけあります。1/21のNYの終値が、105.98でした。その2日後の1/23に104.95を付けました。その日のNYは106.73が終値でした。

どうも、この水準(106円前半)は何か目に見えない抵抗を感じます。しかも、今日の東京では反発もなく、狭いレンジの中に居ます。なにやら気持が悪い、いやな感じです。

ユーロ/ドルが1.50を抜けたことで、ドル/円のレンジも変更すると考えています。
これまでの下限が水準変更によりもう一段下がることを期待しています。今日の動きはそのための逡巡かもしれません。どうでしょうか。

私のポジションは変わりません。ドル/円のショート、ストップは108.50に変えました。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社