2008年2月27日水曜日

ドル/円は107円の前半で小動きです。



今日、設定が予定されている外貨建て投信の円売りは、今のところ見えません。

投信の設定の場合、仲値(午前10時)、午前11時、午後1時あるいは、ロンドン仲値(東京時間午前1時)などの時間で設定される場合が多いと聞いています。



この後、出てくるのかどうか、あるいは期待したほどの売れ行きがなかったのか。

昨日も総額で2100億円が設定されましたが、売れたのが約225億円と1割ちょっとでした。
時事通信社の配信で今日の分が公表されました。

本日の設定総額が2254億円で、売れたのが合計で約238億円。これも昨日と同じく1割ちょっとでした。ドル換算で2億ドルぐらいですか。

これを受けてドル/円は、107.20を割り込みました。
東京市場は、さほどの反応がありませんでしたが、海外でどう反応するか。
一応、海外勢は今週の投信設定に注目してましたので、多少の円高リスクが残るかと思います。

何故、今日の分に注意したかといいますと、販売が野村證券であったことが全てです。やはり最大手ですから販売力も抜きん出ています(少なくとも過去はそうでした)。
その野村でさえこの販売額ということは、一考に価すると考えます。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社