2008年2月28日木曜日

ドル/円は、NY市場の流れを引き継いで106円台前半で小動き。
水準が変わっても、東京勢は動意を見せません。
輸出などのドル売りは、当然の如く見送り。輸入サイドも若干の買いを入れた程度に見えます。
昨日と同じく、クロス円の売りがユーロ、豪ドルで多少出たかもしれません。

市場は、円ショートと円ロングのポジションに分かれており、バランスが取れているように見えます。
銀行などのオーダー状況は、売りサイドが106.70と107.00にあります。買いサイドはこれといったものはみえませんが、邦銀にはあると思います。
ストップがあるとしたら、105円割れでしょうか。行って見なければ分かりません。
印象としては、市場の見方が二分されて(円高、円安に)どちらにも動きそうです。
全体がドル売りに傾いているので、ポジティブ・サプライズはあるのでしょうか。

さあ、お昼にしましょう。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社