2008年1月22日火曜日

今度は、ドル/円ロングを105.67で小さく作りました。

様子を見ましょう。

もう少し説明しましょう。
昨夜の動きは、ある程度(ドル/円と日経平均をショートにしていたことから)理解できます。もちろんこのような動きを予想(期待?)していたからこそ、ショートをキャリーしていたわけです。
NY市場が休みだったことから、このような動きになった。つまり、市場の参加者が少ない時だからこそ、このような動き(大幅な一方通行の動き)になったのでしょう。
年末年始の時のドル/円もそうでした。
要は、参加者の少ない時を狙って動きを加速させたことは十分察しがつきます。
誰が?
分かりませんが、相当大きな金額を振り回すところなのでしょう。また、これまでのポジションを手仕舞う、あるいは引っ繰り返して逆のポジションに乗り換える時もこのような動きになり易いです。

以上のようなことを考えた結果、一旦ポジションを手仕舞うことに決めました。
小さくドル/円ロングを作りましたが、確信はありませんので(あくまでも私の直感)、基本は様子見です。
額賀大臣の発言も多少、考慮しました。
市場には、昨夜の発言から「小さい介入ならばインパクトも小さい」と、さらに売る姿勢を強めた人もいたようですが、私はちょっと違います。
とりあえず、お伝えします。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社