2008年1月23日水曜日

東京時間午後10時20分(NY時間午前8時20分)、FRBが0.75%の緊急利下げを発表。
これを受けてダウ指数先物がマイナス幅を縮小、ドル/円は107.05、ユーロ/円は156.45、豪ドル/円は93.25を付けました。

昨日の東京市場でもFRBの緊急利下げのうわさが出ていました。今朝の新聞を読むと、21日の夕方にワシントンで緊急FOMCを開いて決定したようです。ということは昨日のうわさもあながち根拠がないわけではなかったのかもしれません。

先週から続く世界株安の状況は、金融当局の心胆を寒からしむるに十分だったようです。
日本にいるとそれほどで伝わりませんが、金融市場を巡る状況は想像以上に悪いのでしょう。それが消費や企業業績にもはっきりと影を落としてきたのですから、バーナンキ議長も切羽詰った心境だったと推察します。(大変な重責なのです)

スイス系銀行は、1/30のFOMCでさらに0.5%の利下げ(状況次第?)を予想しています。どうでしょうか。
さらに同行は、2月にECBも利下げに動くと予想しています。

カナダも0.25%の利下げを実施しました。さらなる利下げの予想が金融機関から出ています。

ポジションは変わりませんが、107円台で一旦、利益確定して様子をみる予定です。

今日も頑張りましょう!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社