2007年12月14日金曜日

今朝方、発表になった日銀短観は、「企業、先行き警戒一段と」の見出しで日経夕刊の3面に載っています。小見出しが「円高・米減速などリスク」とし、さらに「中小の収益厳しく 生産増が下支え」と続きます。

この解説にあるとおり、日本経済の見通しは、日銀のシナリオに下方修正を迫るものになりそうであります。このような状況から、日経平均も売りが優勢になっており、為替でもドル/円が上値を試しています。

日銀は状況さえ整えば、「利上げ」も辞さずの構えでしたが、状況によっては利上げどころか利下げも視野に入れなければならないようです。

金利政策の出番が直ぐに来るとは思えませんが、「円売り」の誘惑に抗えない人達がいても不思議ではありません。

とはいっても、私のポジションは変わらずですが。
ドル/円のポジションを朝方買戻しましたが、また112.60近辺で売りなおしました。ストップは現在、113.00に置いております。

今夜も米国株式を見ることになるのでしょうか。

皆様、良い週末を!
また来週。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社