2007年12月11日火曜日

おはようございます!

東京は今日もいい天気です。少し寒いですが。

さて、昨夜の欧米市場をざっと見てみましょう。
まず、スイスの大手,UBS銀行が100億ドルの追加評価損の発表と併せて、114.8億ドルの増資のニュース。
増資は80%がシンガポール政府投資公社(GIC)で残りが中東(オマーン?)ということです。両者共にいわゆるSWF(ソヴリン・ウエルス・ファンド外準などによる政府系ファンド運用会社)で、これはシテイーグループの場合と同じ構図です。

米10月の中古住宅販売仮契約指数が+0.6%と予想の-1%を上回るものでした。

以上の2つのニュースがポジティブな材料となり、米国株式は+101ptsで終了しました。
米国株式の上昇にともなってクロス円は上昇。

ドル/円は、112.00にノックアウトオプションの話が出ています。手前で防戦売り、越えればストップ買いになるとの話です。輸出企業からのドル売りが見込まれることから112円以上に長くとどまれるかどうか。
米国株式の動向によっては一波乱ありそうです。しかも明日にはFOMCが控えています。

英11月生産者価格指数が+4.5%と予想の+4.2%を上回り、早期追加利下げ観測の後退からポンドは買われました。ポンド/ドルは2.03前半から2.04半ばへ。ポンド/円は226円台半ばから228円半ばへ。

ざっとこのようなところでしょうか。
私のポジションは変わりません。マイナスになってきましたが、このままで行きます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社