2007年12月17日月曜日

後場に入って、日経平均が売られました。15,363まであって現在は15,390近辺です。
いろいろ捜してみると、先ず目に入ったのが「リーマンブラザースのオーストラリアが訴訟の脅威に」というニュースでした。これは(ロイターによると)オーストラリアの地場証券会社から担保債権を購入した案件が訴訟の可能性があるというものです。これがどのように発展するのか、あるいはどのくらいの金額になるのか、などの情報がありません。従って、これ以上の憶測は避けたいところですが、ダウ指数先物が35ptsほど売られていますので市場はこのニュースに反応したものと思います。
日経平均もダウ指数先物に引きずられたともいえます。

為替市場は今のところ大きな反応はありません。

ドル/円は香港ネームの売りが目立っていた、との話も出ています。この背景が何なのか分かりません。113円台なので、売りが出ていても驚きませんが、念のため。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社