2007年10月17日水曜日

そろそろ、欧州から参入してくる時間帯になりました。
今日は、上下を繰り返しつつ現在のところは、クロス円が売られている水準にいます。
日経平均も売られましたが、安値からは切り替えして終わりました。日中、話題になったのは「インドの資本規制」でした。
以下に詳細を記します。

インド証券取引委員会(SEBI)は、インド政府公認外国機関投資家(Foreign Institutional Investors, FII)による参加証書(Participatory Note, PN)の発行上限を設ける措置を講じると発表した。
インドの証券投資はSEBIに登録している外国機関投資家(FII)に限られ、FIIは保有するインド証券に対してPNを発行して非FIIに販売する仕組みがある。今回の措置はPNの発行をFIIが保有する(インドの金融機関で保護預かり)するインド証券の40%を上限とする措置が設けられた(デリバティブは除く)。

このような措置は、海外資本流入を抑制することになり、この日のインド株式は一時6.8%下落しました。日経平均の下落にも影響があったかもしれませんが、今後2~3日様子を見てみなければなんともいえません。中国と違い、買いの主体が海外勢であることから些か悲観的に見たほうがいいかもしれません。
中国上海のA株はマイナス64pts、ハンセンはマイナス98ptsと少し下げています。
日本の個人投資家も新興国、特にインドには相当な資金が流れています。当面はブレーキがかかると考えられます。これからオープンする欧州、米国の株式市場も弱く始まりそうですが、どうでしょうか?

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社