2019年3月19日火曜日

日本勢は年度末を控えているので大人しくしているのは理解できます。
欧米市場も来週の金曜日は、月末であり四半期末ということからでしょうか、静かです。
変動率が低迷しています。
FOMCあるいは来週金曜日の29日には英国のEU李ダウの期限。
材料はあるのですが、市場は音無しの構え。
こちらは依然としてポジションはゼロのままです。

ダウ指数は、前日比+65ドルの25914ドルの引け
原油は、+0.57ドルの59.09ドル
金は、マイナス1.40ドルの1301.50ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.61%でした。

今週は明日から休み入ります。
このブログの更新は、来週の月曜日からになります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月18日月曜日

お金の流れが偏っていないとも言えますし、調整の段階とも言えます。
為替市場も大きな動揺もなく引けた印象です。
ドル/円は、一部に日銀の追加緩和への期待があったようで112円手前まで買われる場面もありましたが、111円台半ばで引け。
今秋からの2週間はいよいよ日本勢不在の感が強まってくるものと思われます(期末前ですので)。
したがって主戦場は海外市場とならざるを得ません。
こちらのポジションもゼロのままです。
今週は水曜日から休みますので、実質2日間。来週はフルで臨みます。

ダウ指数は、前日比+139ドルの25849ドルの引け
原油は、+0.09ドルの58.52ドル
金は、+7.80ドルの1302.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.59%でした。

今週はFOMCがあります。波乱は考えていませんが、注目です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月15日金曜日

といってもそれほど動いている印象はなし。これまでのレンジ内でのドル強含み。
株も債券市場も静かな展開。
今日は日銀の政策決定会合最終日。一部には追加緩和を囃す向きもありますが、据え置き継続でしょうか。
金曜日ですので、何かあれば動くことはあります。今週動いたのはポンドとユーロ、まだその調整が続くのかどうか。
ポジションは、依然としてゼロのままです。

ダウ指数は、前日比+7ドルの25710ドルの引け
原油は、+0.35ドルの58.61ドル
金は、マイナス14.20ドルの1295.10ドル
10年債利回りは、+0.005%の2.627%でした。

東京は今日も快晴です。
今夜はYMTV「本音で・・・」があります。一緒にワイワイ楽しくやりましょう!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月14日木曜日

予想通り(?)合意なき離脱案は否決されましたが、その差が僅か。合意形成には難しい局面が続きそうです。
今夜(明日の未明?)に最後の延期案の評決がありますが、これも可決されることになりそうです。
ということでポンドが急騰。連日の乱高下です。
ユーロの買いが強かった印象です。そしてクロス円は軒並み上昇、リスクオンの流れになりました。
米国株式市場は、堅調。というかこちらも上下動を繰り返しています。日経平均もダウ以上に乱高下を繰り返しています。
3月期末まであと2週間ちょっと。今週でほぼほぼ期末の手当ては終わると考えます。邦銀もリスクを取らなくなりますので、動きやすくなります。
こうした間隙を縫って動かそうとする輩(AI?)藻いますので、要注意。
ポジションは、依然としてゼロのままです。

ダウ指数は、前日比+148ドルの25702ドルの引け
原油は、+1.39ドルの58.26ドル
金は、+11.20ドルの1309.30ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.62%でした。

今日も快晴、気温は少し低いようです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月13日水曜日

昨日の朝はメイ首相とユンケル委員長との修正案合意の報道で急騰したポンドでしたが、24時間後には英国議会で否決。
ポンド(英国?)の迷走が続いています。傍から見ているとどうなっているのかと思いますが、やはり民主主義というのは面倒なのだと。
これだけの議論を重ねても多数決に至らずですが、翻って日本だったらどうなっているのかと考えさせられます。
大同小異ということになって落としどころの探り合いでしょうか!?
ポンド以外は落ち着いた動きだった印象です。
ポジションはゼロのままです。

ダウ指数は、前日比マイナス94ドルの25556ドルの引け(ただしナスダックとSP500はプラス)
原油は、+0.08ドルの56.87ドル
金は、+7.00ドルの1298.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.60%でした。

ダウの下げは、ボーイングが背景。ボーイングだけで150ドル下げたので、それ以外はプラス。
株が堅調な割には、債券買いも(利回りは低下)強い展開。
一方向には動きずらい印象です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月12日火曜日

離脱合意案の修正が確保されたという事が背景だったようです。
またメイ首相がストラスバーグでユンケル委員長と会談するという報道もあります。
議会の評決が今日から始まりますが、その直前に流れたニュース。
場合によっては、まだまだ乱高下必至か。
米国株式は堅調に推移、こちらは小売売上が予想より強かったことが切っ掛けでした。
クロス円が買われて、株も堅調。
こちらは未だポジションはゼロのままです。

ダウ指数は、前日比+200ドルの25650ドルの引け
原油は、+0.72ドルの56.79ドル
金は、マイナス8.20ドルの1291.10ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.64%でした。

今日は、朝から快晴。いよいよ春です!
花粉は少々気になります。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年3月11日月曜日

小幅安で引ける。
アジア市場はリスクオフの流れでしたが、米国市場は底堅く推移して引けました。
注目の雇用統計は、1月の数字が更に上方修正されましたが2月は2万人の新規就業者数となりました。
賃金は、予想を超えていますし失業率も3.8%とこれも予想を下回る数字。
やはり政府機関の閉鎖の影響は甚大だったといえます。ダブルでカウントされたとか技術的なもんだもありそうです。
ポジションは、いぜんとしてゼロもままです。

ダウ指数は、前日比マイナス22ドルの25450ドルの引け
原油は、マイナス0.59ドルの56.07ドル
金は、+13.20ドルの1299.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.63%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社