2019年1月18日金曜日

ポンドの反発が続いています。そしてドル高も。
ムニューシン財務長官の発言と伝わっていますが、対中国の関税撤廃の検討を示唆したと。
その後財務省はこれを否定しています。要は、中国側の譲歩(?)があればこうしたこともあるということでしょう。
米中両国ともに通商問題を背景とする株価低迷に悩まされていることから、あり得ないことではないと思います。
ポンドは、これまでのテイルリスクを背景とした(いわゆる合意なき離脱)ポンド売りの圧力が一巡したともいえます。
それでも先行きの不透明感は残りますので、ポンドを売ってヘッジしていたところも外すところまではいってないでしょう。
これが出てくるとさらにポンドは反発すると考えますが。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+162ドルの24370ドルの引け
原油は、マイナス0.24ドルの52.07ドル
金は、マイナス1.50ドルの1292.30ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.75%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月17日木曜日

5連休も終わり今日から再び戻ってきました。
もちろん休み間も市場の動きは観察していましたので、違和感はありません。
もちろんポジションは、すべて継続しています。
英国を巡る展開もほぼ市場の予想通りですが、未だ先行きの不透明感は残ります。
最大のポイントは、メイ首相の信任でしょうか。

ダウ指数は、前日比+141ドルの24207ドルの引け
原油は、+0.20ドルの52.31ドル
金は、+5.40ドルの1293.80ドル
10年債利回りは、+0.015の2.72%でした。

溜まっていた仕事で今日は忙しくなりそうです。
さあ、今日からまた心機一転、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月11日金曜日

このブログへの書き込みは、17日の木曜日からになります。
よろしく!!

米国株式が底堅い。引けで24000台にのせた。
年初のリスクオフの動きがあっても株式市場は12下旬の安値まで届かずでした。
同じように米国の長期金利が2.5%まで下げた局面でも株式は安値に届かず。
これまでは兆金利の低下と株式の体の連動が、米国のみならずドイツや日本でも起きました。
逆に言えば金利の上昇と株式の上昇もありました。この連動性は過去もそして今後もありますので、注意したいところです。
株を買って債券を売る(利回りの上昇)、株を売って債券を買う(利回りの低下)。
これらはリスクオン、リスクオフという表現で表わされる典型的な動きです。
ポジションは、変わらずですべて継続です。軽くポンド/円を買ってます。

ダウ指数は、前日比+122ドルの24001ドルの引け
原油は、+0.23ドルの52.59ドル
金は、マイナス4.60ドルの1287.40ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.74%でした。

金曜日、長い1週間も終わろうとしています。
今夜は、今年初めてのYMTV「本音で・・・」があります。
午後6時から60分生放送。一緒にワイワイやりませんか!?
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月10日木曜日

ユーロ/ドルが一時1.15台にのせました。ユーロ/円も125円台を付けましたが、その後ドル/円が108円を一時割り込む流れでユーロ/円も再び124円台後半。
全体にドル安の地合い。株も底堅く推移しましたがドル/円の下落もあり日経平均は下げて引け。
原油が再び50ドル台回復。やはりサウジの減産発表からジワリと上がって来ました。
注目の米中次官級協議は、貿易面での進展があったようですが、知的財産権などの本丸はこの後の閣僚級協議に持ち越し(当然といえば当然?)。
FOMC議事録の公表もありましたが、やはりハト派の印象、これも株の底堅さに寄与したか。ドル/円の下落の背景だったといえます。
ドル/円は、何度か109円台を試しましたがステイ出来ずにいました。今度は108円割れを試しましたが、今のところサポートされています。
押しなべて、小康状態に陥るかどうか。
ポジションは、かわらずです。

ダウ指数は、前日比+91ドルの23879ドルの引け
原油は、+2.58ドルの52.36ドル
金は、+6.10ドルの1292.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.715でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月9日水曜日

米株の反発が続き、債券の売り(利回りの上昇)も同じように進みました。
三が日(1/3)のリスクオフによるクラッシュも大方回復したようです。
注目の米中協議は1日延長されて今日が最終日。貿易問題は進展があったようなコメント、知的財産権に関する話は未だ未だ時間がかかりそうです。
今月中に予定されている米中の閣僚級会議がワシントン(?)で開かれるそうです。そこで今回の次官級会議の上にどの程度の上積みがあるか。
トランプ大統領次第であることは変わっていませんが、株価が落ち着いてきたことを考えると米国の勝利宣言を大統領はすると考えます。
今月末のダボス会議が一つの山場になるでしょうか。
為替は方は、ドル/円が109円台を付けたこともあって、円ロングの切もある程度終わったかもしれません。
クロス円も然り。ただしこちらは依然として乗り遅れていますので、何も手を付けていません。
日経平均のロングは継続です。

ダウ指数は、前日比+256ドルの23787ドルの引け
原油は、+1.26ドルの49.78ドル
金は、マイナス4.00ドルの1285.90ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.73%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年1月8日火曜日

年初からのリスクオフの流れが反転、ショートの切りが出たか。
株が買われて債券が売られ(利回りは上昇)、クロス円の反発が印象的でした。
システムで昨日も売られ過ぎシグナル点灯だったユーロ/円も大きく反発してきました。
ここからさらに上がるかどうかは、昨日から始まった米中通商協議次第。
ポジションは、変わらずでそのまま継続しています。

ダウ指数は、前日比+98ドルの23531ドルの引け
原油は、+0.56ドルの48.52ドル
金は、+4.10ドルの1289.90ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.70%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社