2018年6月15日金曜日

ユーロが乱高下。結局ドル全面高の展開。
ユーロが独歩安でもあり、クロス円は下げていますがドル/円も110.69まで。
事前に漏れていた通り債券購入は年内で打ち止め。これまで購入した債権は、償還ごとに再投資、金利も少なくとも来年夏までは現状維持。
ということで発表直後は買われたユーロでしたが、その後急落しています。
とりあえずこちらは、一息つきました!?
ポジションはすべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス25ドルの25175ドルの引け
原油は、+0.25ドルの66.89ドル
金は、+7.00ドルの1308.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の2.94%でした。

さあ、金曜日、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月14日木曜日

そして発表直後にドルが急騰しましたが、その後下落しています。予め買いで備えていた市場が「事実で売れ」の様相になりました。
そして今夜のECB理事会、こちらも事前に流れていた話にサプライズがあるかどうか。いずれにしても欧州はさらにゆっくりと金融政策の変更になると考えます。
もちろん明日の日銀もしかり。あとは実需がどうするかでしょうか。110.50より上にはそこそこの売りがあったと考えますので、それを飲み込んだのを吐き出しているといった図式。出来高が急回復する印象はありません。やはりレンジ内での動きに終始するのではないでしょうか。
じっと次の動きを待つしかないです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス119ドルの25201ドルの引け
原油は,+0.28ドルの66.64ドル
金は、+1.90ドルの1301.30ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.97%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月13日水曜日

結果として観ると、全体にドル高。株はもちあいで終わり債券市場も小幅な動き。
会談は多くの方がコメントしているように、具体策はこれからですので、顔見世の政治ショーの色合いが濃いものでした。
日本株は寄付き高値で尻すぼみの引け、為替はドル/円が思ったほどは下げませんでした。先ほど110.50をつけています。
あとは、米欧日の金融政策会合に視点が移ることになります。
とは言っても、こちらもある程度織り込み済み。サプライズがあるかどうかだけです。
ポジションは、変わらずで全て継続です。

ダウ指数は、マイナス1ドルの25320ドルの引け
原油は、+0.26ドルの66.36ドル
金は、マイナス3.80ドルの1299.40ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.96%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月12日火曜日

昨日の円安日本株高の動きは米朝首脳会談での波乱なしを織り込んだ動きだったのかどうか。
もしそうならば、ここからの動きは限定的でしょうか。
サプライズがあるのかどうかだけです。幸いにも(?)東京市場がメインであることでしょうか。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+5ドルの25322ドルの引け
原油は、+0.36ドルの66.10ドル
金は、+0.50ドルの1303.20ドル
10年債利回りは、変わらずの2.95%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月11日月曜日

週末はG7がありました。そして今週は、米朝首脳会談を皮切りにFOMC、ECB理事会、日銀政策会合と続きます。
おおよその想定はすでにほぼほぼ織り込んでいますので、やはりサプライズがあるかどうか。
日米欧の金融政策に変化も想定できますが、どれも時間をかけてゆっくり進むことになるのでしょう。
その間に、現実のインフレ自体に変化が出れば混乱も想定できます。
もちろん米朝会談も土壇場まで分かりません。何しろトランプ大統領ですので!?
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+75ドルの25316ドルの引け
原油は、マイナス0.21ドルの65.74ドル
金は、マイナス0.30ドルの1302.70ドル
10年債利回りは、+0.03%の2.95%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月8日金曜日

米朝会談の前に行われた日米会談ですが、日本としては(安倍首相としては?)拉致問題へのコミットメントを是が非でも確認するために急遽設定されたもの。
「give and take 」、言うまでもなく交渉事はすべてこの原理に基づいて行われるといえます。
今回の拉致へのコミットを求めることは、通商問題での譲歩を求められることになるのではないでしょうか。
そうした懸念からここまで円売りに傾いていた海外勢が円を買い戻した格好です。
クロス円も下げています。ユーロ/円は130円台を試しましたが、この水準では実需の売りも相当出ていたのではないかと考えます。
ということで、ドル/円のショートをユーロ/円のショートに変更しました。
それ以外は、そのまま継続です。

ダウ指数は、前日比+95ドルの25241ドルの引け
原油は、+1.22ドルの65.95ドル
金は、+1.60ドルの1303.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.92%でした。

金曜日、週末からまた雨のようですが、今日は蒸し暑くなりそうです。
今日からG7首脳会議。荒れるでしょうが、米国の姿勢は変わらないでしょう。声明文が出るのかどうか。
さあ、もう1日、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月7日木曜日

先週の動きが逆転してここまで来たといえばそのとおりですが、この流れが継続するのかどうか。
最大の動きはユーロでした。先週末から一気に売られて、何と全戻し。
昨日、ユーロ/円のストップを変更しましたが、結果はよくありません。まあ小さなサイズですのでストップがついたら一旦撤退です。
ということでポジションは、継続しています。
株も強い。ナスダックは連日の最高値更新中。アップルなどの自社株買いに加えて例のFAANG銘柄に資金が集中している印象。
日経平均も再び23000を試すのかどうか。
今日から来週は政治イベントが満載。しっかりと見守りましょう。

ダウ指数は、前日比+346ドルの25146ドルの引け
原油は、マイナス0.79ドルの64.73ドル
金は、マイナス0.80ドルの1301.40ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.97%でした。

株が買われて債券が売られる(利回りは上昇)、リスクオンの展開。
金利の上昇は、欧州債が売られたことが背景。それも来週のECB理事会での金融政策変更をにらんでの動き。
こちらは梅雨入り。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社