2018年6月22日金曜日

欧州市場のオープンからユーロが売られ(再びイタリアが背景)、米国市場オープンからはドルが売られて(ユーロが買われる)そのまま引けました。
英国の金融政策決定会合では、据え置きながら評決で利上げ波が1票増えた(前回は7-2で今回は6-3)ことからポンドが買われ(ドル売り)ました。
全体のドル売りの流れがドル/円を110円割れにさせた印象です。
株式市場も下落しています。ダウ指数は、これで8日連続の下げです。
いろいろありましたが、こちらのポジションはすべて継続しています。

ダウ指数は、前日比マイナス196ドルの24461ドルの下げ(8日連続は1年3か月ぶり)
原油は、マイナス0.17ドルの65.54ドル
金は、マイナス4.00ドルの1270.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.90%でした。

さて金曜日、今週もよく動きました(といってもレンジ内でのup&down。
今夜はYMTV「為替デスマッチ」があります。午後6時から60分、一緒にワイワイやりませんか?!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月21日木曜日

米中問題の尖鋭化でリスクオフとなった週明けから、徐々に戻り歩調が続いています。
株式市場もしかり。じっと何かを待っているのか。
こちらも焦らずにノンビリ待ちたいと思います。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス42ドルの24657ドルの引け
原油は、+1.15ドルの66.22ドル
金は、マイナス4.10ドルの1274.50ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.94%でした。

ポルトガルでのパウエルFRB議長の発言がドル高と金利上昇をもたらしたような形です。
さあ、今日も頑張って行きましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月20日水曜日

トランプ大統領の対中国での牽制が世界市場を吹き荒れました。
発端は、昨日のシドニー市場から。とりあえず米国市場ではそれ以上のリスクオフにはならずでした。
事ここに至っても、米中問題はジャブの欧州でいずれ落としどころを見つけるだろうと考えている人が多いのでしょう。
とは言ってもあらためてリスクを取りに行くのも自重といったところでしょうか。
米中、どちらも譲らずに鍔迫り合いが続くのではないかと考えます。どちらもメンツを失うことだけは避けたいのでしょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス287ドルの24700の引け
原油は、マイナス0.78ドルの65.07ドル
金は、マイナス1.50ドルの1278.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.90%でした。

今日から梅雨入りも本格化になりそうです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月19日火曜日

米中のやり取りを観ていると、何となく不安でもありますが何となくどこかで手打ちもといった期待もありそうです。
夏休みに入っている欧米人もいるでしょうし、遅くても今月末には夏休みでしょう。
日本人は7月の後半から(つまりは子供に合わせる?)ですので、多少のギャップはあります。
たまにこの夏休み期間にトップ圧的な出来事が起きます。そういった事以外は、なべて静かな展開が多いです。
どれもこれもレンジ内の動きですが、果たしてどちらかに抜ける動きが見られるかどうか。
ポジションは、すべて継続です。こちらとしては、寝て待つしかありません?!

ダウ指数は、前日比マイナス103ドルの24987ドルの引け
原油は、+0.79ドルの65.85ドル
金は、+1.60ドルの1280.10ドル
10年債利回りは、変わらずの2.92%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月18日月曜日

週末の話題は米中の通商問題。お互いに関税を掛け合うといった展開になってきました。
これまでは中国が大人の(?)対応を見せてきましたが、米国が関税をかけると言うと直ぐに同額の関税処置を発表するなど、準備万端?!
市場の反応はそれほどでもなく、例によってこれはブラフの欧州だと考えているようです。いずれ日本にも矛先は向けられるでしょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス84ドルの25090ドルの引け
原油は、マイナス1.83ドルの65.06ドル
金は、マイナス29.80ドルの1278.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.92%でした。

金の下落が目立ちました。これは全体にドル高の動きが反映されたものでしょうが、前日にドル高になっていたので少々タイムラグが。
原油もOPEC総会を前に(増産の思惑)下落基調となっています。
さあ、今週も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月15日金曜日

ユーロが乱高下。結局ドル全面高の展開。
ユーロが独歩安でもあり、クロス円は下げていますがドル/円も110.69まで。
事前に漏れていた通り債券購入は年内で打ち止め。これまで購入した債権は、償還ごとに再投資、金利も少なくとも来年夏までは現状維持。
ということで発表直後は買われたユーロでしたが、その後急落しています。
とりあえずこちらは、一息つきました!?
ポジションはすべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス25ドルの25175ドルの引け
原油は、+0.25ドルの66.89ドル
金は、+7.00ドルの1308.30ドル
10年債利回りは、マイナス0.03%の2.94%でした。

さあ、金曜日、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年6月14日木曜日

そして発表直後にドルが急騰しましたが、その後下落しています。予め買いで備えていた市場が「事実で売れ」の様相になりました。
そして今夜のECB理事会、こちらも事前に流れていた話にサプライズがあるかどうか。いずれにしても欧州はさらにゆっくりと金融政策の変更になると考えます。
もちろん明日の日銀もしかり。あとは実需がどうするかでしょうか。110.50より上にはそこそこの売りがあったと考えますので、それを飲み込んだのを吐き出しているといった図式。出来高が急回復する印象はありません。やはりレンジ内での動きに終始するのではないでしょうか。
じっと次の動きを待つしかないです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス119ドルの25201ドルの引け
原油は,+0.28ドルの66.64ドル
金は、+1.90ドルの1301.30ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.97%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社