2019年2月19日火曜日

アジアと欧州市場は開いていましたが、やはり主役の米国市場がお休みでしたので、小動きに終始して引けました。
強いて言えば、ドル安円安気味。
上海や香港の株式市場が堅調。日経平均も堅調でしたが、上値も重い展開。
ポジションは、すべて継続です。

いつもの指標は、ありません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月18日月曜日

強い株価の上昇で引けました。
為替はマチマチ(ポンドの反発が目についた?)でしたので、余計に株価の上昇が目立ちました。
連休前ということでポジションの調整が背景だったのかもしれません。アジア市場ではむしろ株安でしたので、余計目につきます。
米中の通商協議に対する楽観路の台頭、暫定予算案への署名などがトランプ大統領の非常事態宣言を打ち負かした格好です。
非常事態宣言も予算に関する権限は議会ありますし、ひょっとすると法廷での争いも視野にあることでこじれそうではありますが。
その中でポンドが反発して引けました。これも想定内ですので、ポジションは継続です。

ダウ指数は、前日比+443ドルの25883ドルの引け(3ヶ月ぶりの高値?!)
原油は、+1.18ドルの55.59ドル
金は、+8.20ドルの1322.10ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.66%でした。

これだけ買われた株式ですが、債券市場にはほとんど影響なし。
何となく腑に落ちないところです。
さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月15日金曜日

米国の12月の小売売上が想定外の低下、これでドル/円が110.50前後まで下げました。
英国議会はメイ首相の修正案を否決、これでポンドが下落。
ユーロは対ドルでは小幅な動きに終始。クロス円は下げました。
債券が買われて(利回りは低下)株が売られる展開。引け際にトランプ大統領の非常事態宣言が出ました。
例の壁建設への強硬手段、しかし議会がねじれているので、議会承認を得られるかどうか。最終的には上院で6割の票が必要。
政治の停滞は否定できません。
そして米中閣僚級会議の最終日。3月1日のデッドラインの60日延長が現実的なようです。
ポジションは。すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス104ドルの25438ドル(ナスダックは+)の引け
原油は、+0.51ドルの54.41ドル
金は、マイナス1.20ドルの1313.90ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.65%でした。

金曜日です。今週は4日間ですが、結構動きました。
もう1日、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月14日木曜日

全体にドル高、ドル/円は111円台をつけました。
米国株式市場は、堅調な動きを維持。
米中通商協議や米国の暫定予算にも楽観的な見方が増えています。
落としどころ次第ですが、ここからの大暗転も逆に難しいのかもしれません。
ポジションは、すべて継続です。
問題は、システムでそろそろ買われ過ぎのシグナル点灯になるかどうか。あとでシミュレーションをアップします。

ダウ指数は、前日比+117ドルの25543ドルの引け
原油は、+0.80ドルの53.90ドル
金は、+1.10ドルの1315.10ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.71%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月13日水曜日

ドルが全面高だった流れが、クロス円の買戻しか、小休止になりました。
株は、世界中で上昇しています。
注目は依然として米中通商会議の進展。相場もその進展次第といえます。
暫定予算が議会で成立して、あとはトランプ大統領の署名を待つだけ。言葉としては「壁」が出てきていませんが、内容はそのあたりも含んだものです。
リスクオンの流れにも見えます。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+372ドルの25425ドルの引け
原油は、+0.69ドルの53.10ドル
金は、+2.10ドルの1314.00ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.68%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月12日火曜日

先週末の香港株も寄付き安値で引けが反発してました。週明けの香港も堅調で推移。
その流れを受けて株も底堅く推移したという印象。
ドル買いは全面的に及びました。ドル/円も110.45辺りまであったようです。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス53ドルの25053ドル
原油は、マイナス0.31ドルの52.41ドル
金は、マイナス6.60ドルの1311.90ドル
10年債利回りは、+0.02%の2.65%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2019年2月8日金曜日

株式市場は、東京市場の調整の流れが米国市場まで続きました。
背景となったのは米州首脳会談が3月1日デッドライン前には開かれそうになくなったことか。
来週から2回目の米中閣僚級会議が北京で開かれますので、その進展次第では急遽復活も否定できませんが。
ここまで順調に反発してきた米国市場も小休止といったところ。
BOEの政策決定会合が開かれて現状維持。成長見通しを下方修正、直後にポンド急落してすぐに反発しました。
未だもみ合いが続くのでしょう。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス220ドルの25169ドルの引け
原油は、マイナス1.37ドルの52.64ドル
金は、マイナス0.20ドルの1314.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.66%でした。

金曜日です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社