2018年1月19日金曜日

多少は下げましたが、三者ともに高値圏であることは変わりません。
ドル/円は111.00を挟んでの動き。ポンドが強いです。離脱撤回かといった話も出ているようです。
ユーロはけん制発言もありましたたが、底堅い展開。
豪ドルもジリジリと値を上げています。全体にはドル安基調です。
日経平均は、昨日の動きは少し興味を引くものでした。こちらも高値けんすので乱高下になりやすいのかもしれません。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス97ドルの26017ドルの引け
原油は、マイナス0.02ドルの63.95ドル
金は、マイナス12.00ドルの1327.20ドル
10年債利回りは、+0.04%の2.63%でした。

米国の長期金利が(10年)10か月ぶりに2.6%を越えました。徐々に上がっていくのかどう注目です。
金曜日、今日も良い天気です。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月18日木曜日

連休明けの前日は、上げた後に下落した長い上髭を残したてんかいでしたが、昨日はそれを飲み込むように太い陽線で引けました。
とどまる所を知らず!?これにつられて日経平均も24000台で引けました。
ユーロ高へのけん制発言がありユーロが売られる中で円も売られて再び111円台になってます。
第一幕は終了したようです。第二幕はあるのかどうか。
ポジションは、変わらずですべて継続です。苦しい展開は続きます。

ダウ指数は,前日比+322ドル(!!)の26115ドルの引け
原油は、+0.24ドルの63.97ドル
金は、+2.10ドルの1339.20ドル
10年債利回りは、+0.05%の2.59%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月17日水曜日

ドル/円は110円台での動き、ユーロ/ドルも1.22台での推移。為替市場は平穏でした。
株式市場が興味深い展開。結果からすれば高値圏での動きといえますが、ダウ、ナスダック、SP500ともに日足のろうそくでは陰線での十字型。
今日明日の展開を見ないと何とも言えません。日経平均も東京市場がほぼ高値引けでしたが、Nyの引けは昨日の朝の位置。
つまり24時間で長い上髭となりました。この水準ですと今日も日銀の出動は確実でしょう。チャートの形からは(現物で)ダブルトップとも言えます。
引き続きサイドラインで見守りましょう。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス10ドルの25792ドル(一時26000台を付けています)
原油は、マイナス0.57ドルの63.73ドル
金は、+2.20ドルの1337.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.54%でした。

今日は昼過ぎから雨のようです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月16日火曜日

ということで、いつもの指標はありません。
要人発言の中で、「9月の政策見直しのタイミングで買い入れ額をゼロにすることもありうる」。これがユーロ買いになったものと思われます。
ユーロに引っ張られて全体にドル安の流れになっています。ドル/円も110.50辺りを一時割り込みました。
ポジションは、すべて継続です。

こちらとしては、債券バブルの破裂を期待してます。
もしこうした流れが起これば、否が応でも株式市場にも調整が入ると考えます。
問題は、何時どのようにして起こるか?!
それが問題なのですが!!

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月15日月曜日

為替は、ユーロとポンドがレンジ上限をブレイク。ドル/円は、111.00辺りで支えられています。
しかし、米国株式市場は上がり続けます。こうなるとどこかで破裂(?!)するまで膨らみ続けると考えるしかありません。
何処まで行くのか!?
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+228ドルの25803ドルの引け
原油は、+0.50ドルの64.30ドル
金は、+12.40ドルの1334.90ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.55%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月12日金曜日

ECBが出口へ向かうという観測からユーロが買われ、全体にドル安の動き。
ドルが安いというのは米国企業にはプラスですので、株も高い。
それにしてもどこまで上がるのか!?風船は破裂するまで膨らみ続けます。
株がバブルかどうかは別としても、債券市場の現状はバブルの様相。先日も記事になっていたギリシャ国債2年物の利回りは米国のそれより低い。
もちろん政策金利の違いはありますが、1年ちょっと前は10%だったことを考えると首を傾げたくなります。
この件だけでなく至る処で高利回り債券が買われています。通常の信用差はどこに行ったのか?!
債券市場はハッキリ言ってバブルです。
原油価格のジリジリした上昇も気になります。このあたりが引き金になってくるリスクを考えています。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+205ドルの25574ドルの引け(3者揃い踏みで最高値更新!!)
原油は、+0.23ドルの63.80ドル
金は、+3.20ドルの1322.50ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の2.54%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年1月11日木曜日

年初めは世界的に株価の上昇がメインテーマで、世の中は総楽観論に包まれていた印象。
特に日経平均の上昇は凄まじく3日間で1000円以上の上げとなりました。
もちろん米株や欧州株しかり。
その間、クロス円が買われてドル安の基調。長期金利はほぼ昨年末の水準。
日経平均の急騰に対してドル/円は、ほとんど反応せず。これは昨年の秋以来の傾向が続いていました。
そして今週に入ってから米国の長期金利が上昇を始めて、昨夜は中国発信の話で(米国債にネガティブな内容?)10年の利回りは2.60%手前まで上昇。こうした動きになかでもドル/円は反応せず、逆に円買いになって111円台前半まで来ています。クロス円も年初の上げが剥げ落ちた格好。何が起きているのか?
元々、季節要因として1~3月期は日本勢の年度末でもあり円買いが増える傾向があります。
日銀のオペでの購入額の減額というはなしもありましたが、真偽はともかく背中を押す効果はあったかもしれません(円ショートの切り?)。
なにやら荒れそうな空気が出てきたようにも見えますが、どうでしょうか。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス16ドルの25369ドルの引け
原油は、+0.61ドルの63.57ドル
金は、+5.60ドルの1319.30ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.56%でした。

原油価格や金もジリジリと上げてきています。
特に原油価格のじり高が近い将来の物価高に反映するリスクを指摘する人も出てきました。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ
naniyara sawagaki

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社