2018年8月22日水曜日

昨日の早朝は110円割れまでありましたが、その後に反発して110円見ドルまで、今は110.15あたり。
クロス円が大きく上昇しました。材料といえるのは、例のトランプ発言、FRBへの利上げ牽制と中国と欧州の為替操作への言及。
結果からすれば、ユーロの反発がこのことを裏付けているような。これでユーロショートは切らされた格好。
こちらのポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+63ドルの25822ドルの引け
原油は、+0.92ドルの67.35ドル
金は、+5.40ドルの1200.00ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.83%でした。

行ったり来たりを繰り返している相場ですが、次の動きにエネルギーを蓄えているのかもしれません。
こちらとしてはただ待つのみ!?
さあ、今日も暑くなりそうです。頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月21日火曜日

トランプ大統領の利上げ牽制発言が背景になっているのか、長期金利も下げました。
債券が買われて株も買われる。先週のトルコショックの反動とも解釈できます。
今夜のFOMC議事録にも注目。そして米中通商協議(事務レベル)の再開、ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演と続きます。
一連のイベントでサプライズがあるかどうか。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+89ドルの25758ドルの引け
原油は、+0.52ドルの66.43ドル
金は、+10.40ドルの1194.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.82%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月20日月曜日

先週は、週明けからトルコショックでリスクオフ、ドル高円高の流れが反転して引けました。
ドル/円も金曜日の東京市場の引け後からジリジリとドルが売られました。
株は反発して週を終えたようですが、依然として不透明なことに変化なし。
今週は毎年恒例のジャクソンホールでの会合があり、パウエルFRB議長の講演が予定されています。
トルコは長期休暇入り、それでもナンヤカンヤとありそうではあります。
日本勢も長期休暇から復帰してくるので、少しずつ取引に厚みが出てくるか。
こちらのポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、+110ドルの25669ドルの引け
原油は、+0.45ドルの65.91ドル
金は、+0.20ドルの1184.20ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の2.86%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月17日金曜日

昨日の午前中から反発を強めていた株式市場そしてクロス円、反発したところでのもみ合いに終始した格好。
背景は例の米中通商協議の再開、実務者レベルでの協議が8月末にも再開との報道。
朝からリスクオフを仕掛けていたところでの報道でしたので、切らされた連中が多かったのでしょう。
トルコもとりあえず底を打った格好。いぜんとして不透明なことに変わりありませんが、こうした上下動を繰り返すのでしょうか。
こちらのポジションも変わりなく、すべて継続です。小さいサイズですのでノンビリ行きましょう。

ダウ指数は、前日比+396ドルの25558ドルの引け
原油は、+0.45ドルの65.46ドル
金は、マイナス1.00ドルの1184.00ドル
10年債利回りは、+0.01%の2.87%でした。

債権の動きに比べるとダウの上げ幅が大きかった印象。
金曜日、さあ、もう1日頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月16日木曜日

リスクオフの流れの中でも金価格が下げています。
これはドルインデックスの上昇があるからだという解説がありますが、金価格の下落ほどはインデックスは上がっていません。
これまでそこここに存在するリスクを背景に金価格は高値で推移してましたが、実際にリスクが顕在化してきても上がらずに逆に下げています。
これまでETF(有価証券化)された金の購入を金融機関を始めとして相当購入してました。
こうした偏った金の保有が調整されてきたのかもしれません。同時にジリジリと長期金利が上げてきているのも理由かもしれません。
個人的には、そろそろどこかで金の地金を買いたいのですが。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス137ドルの25162ドルの引け
原油は、マイナス2.03ドルの65.01ドル
金は、マイナス15.70ドルの1185.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の2.86%でした。

昨日は1日休みました。ノンビリと家で過ごしていました。
来週もどこかで休みます。適当に休まないと続かなくなってきているのが年のせいなのでしょう。
無理せずに行きます。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月14日火曜日

結局はアジア時間それも週明けのオセアニア市場のリスクオフの流れが、欧米市場に入ってから収束して引けたようです。
米国市場のオープン前に再び例の牧師釈放のうわさが流れましたが、続報なし。トルコショックが世界中を経巡った1日でした。
たとえ牧師釈放となってもトルコ情勢は不透明なままでしょう。しかし新興国市場にも余波が及んでいます。
とりあえずのリスクオフだったのでしょう。
ポジションは、軽くユーロ/円を買ってます。全体には未だドル高の流れだとするとクロス円が再び下を試すこともありそうです。
米株が売られましたが、米国債が買いにはなっていません(利回り前日比変わらず)。
日経平均のショートは継続です。為替は暫く様子見です。

ダウ指数は、前日比マイナス125ドルの25187ドルの引け
原油は、マイナス0.43ドルの67.20ドル
金は、マイナス20.10ドルの1198.90ドル(約1年半ぶりの安値)

リスクオフなのに金が売られる。ユーロ/ドルの動きももみ合いで、それほどドル高でもありません。
このあたりの金の動きは不気味です。久しぶりに金の地金でも買いますか!?
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

明日、1日休みますので、よろしく!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年8月13日月曜日

金曜日の米国市場も株が売られて債券が買われる、リスクオフの流れで引けています。
そして今朝のオセアニア市場でもう一段のリスクオフ。
少し戻ってきましたが、未だ金曜日の引けの水準までは戻していません。
継続していたユーロ/円のショートは126.20の差し値が付いて一旦ゼロになってます。
日経平均のショートは継続です。
さて、為替をどうするか。システムでは売られ過ぎのシグナル点灯中(ユーロ/円とユーロ/ドル)。
今日1日、ゆっくり考えましょう。

ダウ指数は、前日比マイナス196ドルの25313ドルの引け
原油は、+0.82ドルの67.63ドル
金は、マイナス0.90ドルの1219.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の2.88%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社