2016年7月1日金曜日

昨日も英国の利下げの話で、ポンドが急落しています。
最終的にはドル堅調、ドル/円も103円台に入ってきました。
日本株以外は、世界中の株は続伸しています。特に英国のFTSEは、ポンド安と利下げ思惑で反発は急です。
日本株は出遅れています。
ポジションは、昨日買ったドル/円は継続、ポンド/円はストップ137.00がついて撤退。
日経平均は変わらずの継続です。

ダウ指数は、前日比+235ドルの17929ドルの引け
原油は、マイナス1.57ドルの48.33ドル
金は、マイナス6.30ドルの1320.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.05%の1.47%でした。

四半期末と言うこともあって、チグハグな動きも見えましたが、全体として英国ショックから立ち直ってきたといえます。
行き過ぎたものが戻ってきたといったところでしょうか。
今日から7月です。6月はいろいろありましたが、今月はどういった展開になるのか。
さあ、金曜日そして7月入り、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月30日木曜日

株の反発、債券利回りの上昇、そしてポンドやクロス円の反発と金曜日と月曜日の下げの戻しが続いています。
一つは、英国自身の混乱から離脱への反省機運の高まり、そして未だ時間がかかることからの調整でしょうか。
国民投票のやり直しは無いでしょうが、それを希望する機運が高まってきているのは事実。
さて、ポジションですが、ポンド/円のロングを継続しています。下がったところで買ったものは100ポイントチョットで利食いました。
日経平均のロングは変わらずで継続です。

ダウ指数は、前日比+284ドルの17694ドルの引け
原油は、+2.03ドルの49.88ドル
金は、+9.00ドルの1326.90ドル
10年債利回りは、+0.05%の1.52%でした。

金価格の堅調さを見れば、まだまだ調整の範囲内といえます。米国の長期金利の水準もまだまだ調整の範囲内。
勝負はこれからです。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月29日水曜日

日本株から始まった反発と言っても過言ではないでしょう。前日比で僅かな上昇でしたが、15000割れから大口の買いが先物に入り日経は連騰でした。この流れが世界中の株価に影響したのか、昨夜の欧米市場の株は反発して引けました。
クロス円もジワリジワリ上昇。ドル/円も102円台後半へ。
ポジションは、ポンド/円を買って、一部手仕舞い、未だ保有しています。
日経平均のロングも変わらずで継続です。

ダウ指数は、前日比+269ドルの17409ドルの引け
原油は、+1.52ドルの47.85ドル
金は、マイナス6.80ドルの1317.90ドル
10年債利回りは、+0.03%の1.47%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月28日火曜日

米国市場の展開は、未だリスクオフの流れ。
債券が買われて(利回りは低下)・株が売られて引けました。
ポンドもじり安が続きました。ポンド/円を買ったのですが、ほぼ1円下でカット。
市場の脆弱性は、依然として改善されていません。
まあ、焦らずにいきましょう!
ポジションは、為替はゼロで、日経平均は継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス260ドルの17140ドルの引け
原油は、マイナス1.31ドルの46.33ドル
金は、+2.30ドルの1324.70ドル
10年債利回りは、マイナス0.12%の1.44%でした。

今日は雨です。
さあ、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月27日月曜日

結果として欧米市場はアジア市場の範囲内だったといえます。
これだけの大きなイベントでしたので、世界中の人がアジア市場に参加していたのかもしれません。
英国の離脱の波紋は週末を越えて広がるのかどうか。本家の英国では再投票への要求も大きくなっています。
さらにスコットランドもEUへの残留のために再度の独立投票の動き。最終的にはEUの問題として大きくなってくることが予想されます。個人的には、あまりに感情的な動きだった印象で、この流れに順張りをしたくないというのが本音です。
ポジションは、ゼロのままです。今日1日かけてシステムやら何やらで検討します。
日経平均は変わらずの継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス610ドルの17400ドルの引け
原油は、マイナス2.47ドルの47.64ドル
金は、+59.30ドルの1322.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.19%の1.56%でした。

さあ、今週は6月最後の週、そして金曜日からは7月に入ります。
今日も頑張っていきましょう!!



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月24日金曜日

日本時間朝の6時に投票は締め切られました。
直後に出た調査機関(前回のスコットランドの実績あり)の結果が52対48で残留。
これでドル/円は105.87あたりから106.875まで買われました。そして先ほどニューキャッスルが51対49と発表されて急落して105.55まで今は105.95あたり。差が縮まったことが売られた背景か。いずれにしても僅差になりそうです。
ポジションは、ポンド/円、ドル/円共に手仕舞いました。そして現在は少しですがドル/円をショートにしています。
日経平均は変わらずの継続です。

ダウ指数は、前日比+230ドルの18011ドルの引け
原油は、+0.98ドルの50.11ドル
金は、マイナス6.90ドルの1263.10ドル
10年債利回りは、+0.06%の1.75%でした。

これから都市部が発表されますので、まだまだ乱高下しそうです。
とりあえず僅差でも残留となれば最悪のケースは免れたといえます。
そして最大の不安定要因は払しょくされたといえるのではないでしょうか。
今夜のYMTV「為替デスマッチ」デこのあたりをテーマに議論しましょう!
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2016年6月23日木曜日

米国市場は、大人しく引けたのですが(多少の調整売りが出た?)、その後クロス円が買われて、ドル/円も104.90台をつけました。確認してませんが、多分英国の国民投票に絡んだものが出たのでしょう。リスクオンの方向ですので、残留派有利のものか。
さて、いよいよ今日の午後3時から投票が開始されます。出口調査のの発表などもありますが、やはり拮抗していることを考えると明日の未明ごろから動き出すのではないかと考えています。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス48ドルの17780ドルの引け(現在、先物が+75ドルになっています)
原油は、マイナス0.72ドルの49.13ドル
金は、マイナス2.50ドルの1270.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の1.69%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社