2018年11月16日金曜日

まさに乱高下状態です。
それに比べるとドル/円はもみ合いが続きます。クロス円もポンド/円以外は若干上昇しています。
米株の反発はありましたが、債券買いも入っていたようです(利回りは下落)。
ポジションは、変わらずです。未だ当分は見守ることになりそうです。
焦らずにゆっくり行きましょう。

ダウ指数は、前日比+208ドルの25289ドルの引け(前日の下げを取り戻した格好)
原油は、+0.21ドルの56.46ドル
金は、+4.90ドルの1215.00ドル
10年債利回りは、マイナス0.02%の3.11%でした。

金曜日、さあ今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月15日木曜日

もちろんグレグジットの趨勢が背景です。
とりあえず閣議での承認は得られたようですが、この後は議会での承認という難関が控えています。
そこで承認されると25日にはEUとの首脳会談という運びの予定です。これで済むかといえば、本チャンの離脱は未だ先の2020年(?)ですので今後も状況によっては振り回されることになりそうです。株が売られて債券が(少し?)買われていますので、いまだリスクオフの流れでしょうか。
ドル/円が動きました!?114.00を挟んでの膠着状態から少し円高への移行。
ポジションは、すべて継続です。見守る状況は続きます。

ダウ指数は、前日比マイナス205ドルの25080ドルの引け
原油は、+0.56ドルの56.26ドル(13営業日ぶりの反発!)
金は、+8.70ドルの1210.10ドル
10年債利回りは、マイナス0.01%の3.13%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月14日水曜日

米国株式は、大きく下げた翌日ということで反発期待もあったでしょうが、引けにかけて軟調でした。
これに比べると為替市場は、売られ過ぎの反発。やはりグレグジットのポンドが主役です。
暫定合意の報道ですが、閣議決定(今日?)そして議会承認と最後まで予断を許さずでしょうか。
こちらも見守るだけです。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイ餡巣100ドルの25286ドルの引け
原油は、マイナス4.24ドル(7.07%の下落!)で55.69ドル
金は、マイナス2.10ドルの1201.40ドル
10年債利回りは、マイナス0.04%の3.14%でした。

株売り債券買いのリスクオフの流れ。
さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月13日火曜日

リスクオフの流れが急です。
米国は休日でしたが、債券市場以外はいつも通り。ただし商いは低調だったようです。
ダウが大きく下げました。為替ではクロス円が売られています。
ドル高円高の流れ。やはり年末前にファンドの解約が出ているのかもしれません。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス602ドルの25387ドルの引け
原油は、マイナス0.26ドルの59.93ドル
金は、マイナス5.10ドルの1203.50ドル
10年債利回りは、休日で債券市場はお休みでしたのでありません。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月12日月曜日

結局リスクオフの様相で引けました。
専門家の指摘するポイントは、原油相場の下げ(10日連続)、年末までのファンドの解約(11月半ばまでの通告)、そして中国経済の失速。
これらが一斉に起これば年末までのもう一段の下げもありうるのでしょう。
切っ掛けはやはり米中首脳会談でしょうか。決裂とはいかなくても簡単に折り合うテーマでもないと考えます。
協議は続けるが、双方譲らずでしょうか。
イタリアの予算案再提出も明日に控えてます。メイ内閣もグレグジットに対する決定を迫られています。
まあ、そこかしこに地雷は埋まっている状況です。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比マイナス201ドルの25989ドルの引け
原油は、マイナス0.48ドルの60.19ドル
金は、マイナス16.50ドルの1208.60ドル
10年債利回りは、マイナス0.06%の3.18%でした。

さあ、今週も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月9日金曜日

中間選挙から一夜明けた米国市場は、波乱もなく穏やかな内に引けました。
FOMCは、多少の文言の変更がありましたが(設備投資に陰りアリ)概ねこれまでのものを踏襲した印象。
これが12月の利上げは行われるとの思惑から(既定路線ではありましたが)、ドル買いになって引けました。
債券市場は、前日比変わらずで株式市場も静かな展開でした。
ポジションは、すべて継続です。

ダウ指数は、前日比+10ドルの26191ドルの引け(ナスダックとSP500は若干のマイナス)
原油は、マイナス1.00ドルの60.67ドル(こちらの下げは止まりません)
金は、マイナス3.60ドルの1225.10ドル(こちらはドル高の影響か)
10年債利回りは、変わらずの3.24%でした。

金曜日、東京市場も大人しい展開になりそうです。
さあ、もう1日、頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

2018年11月8日木曜日

結果的には、株価の上昇でリスクオン?ともいえるのですが。
米株の上昇は、待っていた買い手(自社株買いも含む)が押し上げた格好です。
しばらくは、底堅く推移するのでしょうが、やはり問題は何も変わってないので今後も切っ掛けがあればリスクオフになることに変わりないと考えます。
こうなったからには、焦らずにじっくり行くしかないでしょう。
日経平均も23000に近づいてくれば、また売りたいです。
ポジションは、変わらずですべて継続です。

ダウ指数は、前日比+545ドルの26180ドルの引け
原油は、マイナス0.54ドルの61.67ドル(下げが止まりません!?)
金は、+2.40ドルの1228.70ドル
10年債利回りは、+0.02%の3.24%でした。

さあ、今日も頑張っていきましょう!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社